テクテク歩くランガン装備(1)

釣り道具

先週末も名護湾に釣りに行ったけれど・・・
風が強くて午前中で撤退。何も釣れなかったしドラマもなかったのでブログネタ無し!
さて、釣りを始めて1年ほど現在のランガン装備のメモを。
ネットでランガン装備を検索するとアジング系のライトでおサレ軽量な装備が多いのですがそれ系ではなくて「ターゲット未定のまま砂浜・岩場混在の海岸沿いをルアー投げながら朝まずめから午後3時過ぎまで数キロ歩く」という条件で釣りをしています。

ライジャケ

最後に本気で泳いだのって高校の体育の授業かな?泳げないことはないのだけれど自信はないので海で釣りをするのならとりあえずライジャケは必須ですよね。

Proxのライジャケ
サンノリーのSALEで購入。安くて地味なデザインが気に入っています。

[浮力体入りのベスト型ライジャケのメリット]
・落水して気を失っていたとしても確実に浮く
・ポケットがすごく便利(背中のデカポッケには雨具収納できます)
・ルアー交換時の簡易ロッドホルダーになる
・転倒時に浮力体がクッションになってくれる(ブセナの岩場で滑って背中から転倒したことがあるのですが無傷ですみました)
※この商品は国土交通省のタグがないのでオフショアには持っていけないかも。
[浮力体入りのベスト型ライジャケのデメリット]
・荷物になる
・夏場はやっぱり暑い
・肩掛けバッグだと取り回しが悪い
・チェストマウントした動画撮影用のアクションカメラに干渉することがある
膨張式ベルト
ベスト型のデメリットが解消できるのではないかとamazonで購入。確かにいろいろ改善されたのだけれど「ライジャケ」としての安心感は・・・フィールドやその時の状況にあわせて使い分け中。
いつかは軽量シンプルなライジャケに買い換えたいところです。

スパイクシューズ


ダイワのスパイクシューズ
大荷物を肩からかけてロッド片手に岩場を歩き回るので足元のグリップ力は大事です。
滑らない安心感。初めてのスパイクシューズなので1サイズ大きめを買ってスポーツDEPOで調整してもらった硬めのインソールを組み合わせています。1日中歩くと無駄に姿勢がよくなるという副作用!

バッグ


デザインが気に入って肩掛けタイプを購入。ロッドホルダー・ドリンクホルダーがあって収納力も抜群。

[しばらく使ってみてわかったこと]
・ライジャケ着てると意外と邪魔w
・ルアー交換時にアクションカメラにひっかかる
ライジャケ着用であればウエストポーチタイプがいいかもしれないです。

ルアーケース


ルアーが増えるごとに買い足しているのでサイズがバラバラ・・・釣り場の決定権はカヤックオフショアの友人にあるため風や海の状況で何処に行くのかはスタート時までわからない。どこに連れて行かれても釣りができるようにルアーはいろんなジャンルを多めに持ち込みます。
※めいほうのリバーシブルケースはかなり使いやすいですね!

ウェア

・アウター:マンガ倉庫で五千円ぐらいで買ったゴアテックス。
・ミドル:ユニクロフリース
・インナー:アンダーアーマー
ユニクロのヒートテックは汗を逃さないので日中20度ぐらいまで上がる沖縄では厳しいですよ。

グローブ

ima 3本切りの指ぬきタイプ。
安くはないんだけどフィット感がかなりいいです。右手はフィンガープロテクターを装着。
※フィンガープロテクター無しでジグ全力で投げるとか怖くてできない。

クーラーボックス

DAIWA 20L
ウレタン仕様で保冷力高めです。心のなかでは「大きな魚を釣る」つもりなので20Lを持ち歩いていますが、現実にはペットボトル保冷用。車に置いていくとお魚釣れちゃうんですよね。空っぽでも4kgは重いので悩ましいところです。

ゴロゴロ

アワ海岸などの比較的舗装されている場所を移動するときには、アルミのカート引っ張ってます。こいつが砂浜でも使えたらかなり楽になるのですけれど。
今週も土曜日は厳しそうですね。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました